morip's diary

24歳。好奇心と勢いだけで生きたい。旅行とカメラと手芸が趣味です。

女一人旅、ヴィリニュスでの宿。

リトアニア、ヴィリニュスで泊まった宿の詳細です。

 

宿泊先

www.booking.com

 

 

 

外観

f:id:morijoy:20180526025545j:plain

目立っててわかりやすい。

ベルを鳴らすと中からおじさんが出てきました。

シルビヤゲストハウスという名前から、てっきりシルビヤおばさんが出てくるのかと思ってちょっとびっくり。笑

 

私が泊まったところは、この入り口ではなくこのお隣でした。(と言っても同じ建物?)

f:id:morijoy:20180526025853j:plain

見た目普通の家。

 

中はこんな感じ。

f:id:morijoy:20180526030103j:plain

落ち着いていて綺麗。

f:id:morijoy:20180526030158j:plain

共用のキッチン。

冷蔵庫だけ使いました。冷蔵庫は部屋ごとに区分けされていて綺麗に使用されています。フロアも一階のみで4部屋しかないから他の宿泊者と顔を合わせることはありませんでした。

 

レセプションはありません。

なので聞きたいことはチェックインのこの時に全て質問しました。

(周辺の情報とかチェックアウトの方法とか)

親切なおじさんで質問にも丁寧に答えてくれるし、分かり易かったです。

 

部屋の中はこんな感じ。

f:id:morijoy:20180526030907j:plain

窓からの眺め。

f:id:morijoy:20180526031005j:plain

一階なので普通に通行人と目があう距離。笑

でも二重窓だし騒音は全くありませんでしたよ。

(これは他の宿泊者にもよるし運ですね)

 

f:id:morijoy:20180526031143j:plain

f:id:morijoy:20180526031202j:plain

綺麗で快適!!

逆に一人旅でこんないいとこ泊まっていいの?と謎の罪悪感に襲われる。笑

 

3泊で89ユーロ

一泊3900円くらい。宿泊予算でこれくらい出せる人にはおすすめです。

ただ、レセプションがないので何かあった時は不安かな。

 

場所は中心地の端っこあたりで便利な立地です。

街自体が小さいので、歩いて観光できます。

駅までは徒歩20分くらい(たぶん)。

 

あとは、鍵がちょっとやっかいでした。

一度、宿の入口の鍵がうまく開かなくて、困ったので隣の入口のベルを鳴らしてみたのですが、やはり誰も出ません。

うーん、どうしよう。と思っていたら、中からおばちゃんが出てきました。

シルビヤおばちゃん!?と思い話しかけたらイタリア人で同じくこの宿の宿泊者の方でした。英語は通じない。けどドアが開かないってことは伝わったみたいで、こうするのよ!見て!と自分の鍵を出してイタリア語でめっちゃ説明してくれる。

 

優しい...けど言ってることがわからない。笑

 

いつまでも説明させても悪いので、「オーナーに電話してみる。ありがとう!」といって別れました。その後もう一度チャレンジしたら開きました。開けるのにコツがあって、はじめに鍵を挿してからグッと力を込めながら回すと開くことに気づく。(そういえばはじめにおじちゃんもそう言ってた気がする←)

 

それ以降は問題なく開けることができたので、もし泊まる方はご注意を。笑